土地売却後の確定申告

土地を売買するという経験は、日常生活においてはそう多いものではありません。
ですから、知識や認識というものについては薄くなりがちです。
それを助ける存在が不動産業者ではありますが、全てをお任せするというのではなく、自らも知っておいたほうがより安心して進めることが出来るでしょう。
さまざまな知識がありますが、今回は「確定申告」について考えていきましょう。
売却をしたときの確定申告はしなくてはならないのでしょうか。

売却を行った時には必ず確定申告をしなくてはならないのか

売却を行ったという場合、年度末に確定申告をする必要があります。
売却益が出たという場合には、当然ながら収入となりますので確定進行は必要となります。
さらには、仮に売却の際に損失が出てしまったなどという場合においても、確定申告をしていただくとメリットとなることもあるのです。
ですから、申請をしていただくことをおすすめしたいと思います。

売却益が出た場合

土地・不動産類を売却したことによって、その売却益が出たという場合においては「譲渡所得」と税法上では区分されるのです。
ですから、確定申告をして、譲渡職と税という税金を納めなくてはならないのです。
これは、必ずしていただかなくてはなりませんので認識しておきましょう。

損失が出てしまった場合

上記とは逆に、売却をしたことによって損失が出てしまったというケースも考えられます。
税法上においては、確定申告をする義務はありません。
とはいえ、ケースによっては、給与所得と損益通算して税金を安くすることもまた可能なのです。
このことから、損失が出てしまったという場合にも、確定申告をしていだいたほうが良いでしょう。

譲渡所得について

確定申告を行う際に税法上の言葉として出てくる「譲渡所得」ですが、これは不動産や土地の売却により生じた所得に対してかかる税金全てに対して言う言葉です。

必要書類について

譲渡所得の確定申告をするには、いくつかの書類を用意していただくことになります。
具体的にそれらを見ていきましょう。
税務署から入手する申請書類は

  • 確定申告書B様式
  • 分離課税用の確定申告書
  • 譲渡所得の内訳書

になります。
これに加えて、自ら準備する書類も存在しています。
以下の書類の「コピー」を申請書と一緒に提出してください。

  • 売却時の売買契約書
  • 仲介手数料、印紙税などの領収書

これらを事前に用意していただいておくと非常にスムーズかと思います。

計算方法について

譲渡所得税は以下の計算式で算出することが可能です。
課税譲渡所得×譲渡所得税の税率
これが簡単な計算式となっています。

自らで申告しきれないという場合

確定申告は比較的に簡単なものではありますが、中には自ら行いきれないという方もいらっしゃるでしょう。
そうした場合、税理士や司法書士に依頼をするという形で進めることも可能です。
もちろん、料金はかかってきますしそれぞれによって異なってくるかと思いますので、査定を依頼したり相談をしつつ信頼できるところを選びましょう。

確定申告と土地の売買

tyjjytd確定申告というと給与所得というイメージが強いかと思いますが、土地の売買などにおいても必要なものとなっているのです。
売却のために必要な手段ばかりではなく、税金という側面からの土地売買についても知っておくこともまた大切なのです。
収益が出たという場合は特に「義務」となりますので、くれぐれも忘れないように心がけましょう。
土地の査定はプロに任せよう!「http://www.bellecora.com/」

新着情報

◆2016/06/24
土地売却後の確定申告の情報を更新しました。
◆2016/06/24
確定申告の依頼をするの情報を更新しました。
◆2016/06/24
確定申告の必要性についての情報を更新しました。
◆2016/06/21
会社概要の情報を更新しました。
◆2016/06/21
税理士を探す際のポイントの情報を更新しました。